シミに対策に効果的な食材はコレだ!シミに効く食材一覧

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

積極的に食べよう!身体の中からシミ対策ができる食材とは

気になるシミ対策。まだまだ日差しが強いので、紫外線効果の高い日焼け止めを使うのはもちろんですが、身体の中からシミ対策をしていきましょう。
それではシミ対策に効果的な食材をご紹介します。

トマト

トマトにはビタミンEの数百倍の抗酸化作用があると言われるリコピンが豊富に含まれています。
また、メラニン色素の生成を促す活性酸素を除去する働きもありますので、一年を通して積極的に摂りたい食材の一つ。
なお、リコピンは生食用のトマトよりも、ケチャップ、トマトジュース、トマト缶などに多く含まれています。

かぼちゃ

かぼちゃにはシミの原因の一つでもある活性酸素を抑えるビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。
その他、老化を防いでくれる効果が期待できるβカロテン、ビタミンE、お通じを良くしてくれる食物繊維も含まれています。

鮭の赤い色はアスタキサンチンという色素で、実は白身の魚です。このアスタキサンチンにはシミの原因となる活性酸素を除去する力が、なんとレモンの6000倍もあるという調査結果があるそうです。
アスタキサンチンは高温で調理すると効果が失われてしまうので、できるだけ低温で摂取できる方法がいいでしょう。

にんじん

にんじんにたっぷりと含まれるβカロテンは、活性酸素を除去し、細胞のダメージを防ぐ効果があります。βカロテンは体内でビタミンAに変化します。
ビタミンAはお肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素がシミとしてお肌に現れる前に体外へ排出してくれる効果が期待されています。

納豆

肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2、Eが豊富に含まれる納豆は、シミ対策ができる食材としてとても有効です。
また納豆のネバネバ成分の一つでもあるポリグルタミン酸は、ヒアルロン酸の10倍もの保水力があり、お肌に膜を作り刺激から肌を守ってくれる働きがあります。
納豆特有の成分でもあるナットウキナーゼはお肌のターンオーバーを整えます。

ブロッコリー

ブロッコリーにはトマトと同等量のビタミンCが含まれています。また、シミやそばかすの要因であるチロシナーゼの働きを抑制するスルフォラファンが含まれています。
今話題のブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)には特に多く含まれています。

 

シミ対策には「抗酸化作用」を持つ食材をたっぷり食べよう!

サラダ食べる女性

紫外線によるシミ、そばかすなどの悩みは、抗酸化作用を持つビタミンA、C、Eやリコピン、βカロテン、アスタキサンチンなどが含まれた食材が解消してくれます。
インスタント食品や砂糖がたっぷり含まれたお菓子、ジュースは控えめに。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

❥More Press > 美容 > シミに対策に効果的な食材はコレだ!シミに効く食材一覧