正しい知識でしっかり予防!熱中症対策について

正しい知識でしっかり予防!熱中症対策について

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

熱中症にならない為に、まずは熱中症のことを正しく知りましょう

近年増加している熱中症。
命の危険もある怖い熱中症から身を守るために、熱中症が起きるメカニズムや起こりやすい要因などを知り、普段から気を付けるべきポイントや生活の中で工夫できることについてご紹介します。

熱中症ってどんな病気?

熱中症は体内の熱を放散できず、脱水症状を起こした状態をいいます。人間の体にはもともと気温の変化の中でも一定の体温を保つことのできる調節機能が備わっています。

熱中症になり、脳の視床下部にあるこの調節機能が働かなくなると、体内で生じた熱を放出することができず、体に様々な症状が現れるのです。
顔が赤くなり火照る足がつるだるい発熱体のふらつき吐き気などがある場合には熱中症のサインです。
放っておくと嘔吐や40度以上の異常な発熱、呼吸困難、意識障害と、症状はどんどん悪化していくため早めの対処が重要です。

こんな人、こんな場合に起こりやすい

熱中症になりやすいのは、高齢者、次いで乳幼児といわれていますが、環境要因によって誰にでも起こりうる病気です。
屋外に長時間いる場合や、スポーツをする人、キッチンで火を使うときには注意が必要です。
湿度の高い梅雨時や、真夏は特に注意しましょう。

思いがけないところに潜む危険

暑い日や屋外でなくても熱中症になる危険はあります。
温度がそれほど高くなくても多湿であれば起こりやすく、また、前日より急に温度が上昇した日や、涼しい室内から急に暑い外に出た時など、体が暑さに慣れていないときに起こりやすくなっています。
風が弱い、照り返しが強いなども熱中症になりやすい環境です。

普段から気を付けるとよいこと

暑さを避ける、こまめに水分補給をする、適度に塩分をとる、睡眠をしっかりとる、普段から丈夫な体作りを意識する、吸水速乾の下着を着用する、冷却グッズを持ち歩くなど、普段から対策をとっておくことが大切です。

もしも熱中症になってしまったら

まずは涼しい場所に移動し、衣服をゆるめたり脱がしたりして体の熱を放出します。
保冷剤などで脇や足の付け根、首筋などを冷やします。保冷剤がなければ、直接水をかけて風を当てる、なども有効です。
嘔吐や意識障害がなければ、水分と塩分を摂取させます。スポーツドリンクは同時に補給できます。
けいれんが続いたり、意識障害があるなどの異常が感じられる場合には、医療機関に相談し、すぐに救急車を呼びましょう。

 

 普段から気温の変化や湿度、体調の異変に気を付けましょう

水

30年前に比べ、30度以上の真夏日は2倍熱帯夜は4~5倍にまで増加しています。
暑さやのどの渇きは我慢せずに、こまめに休憩をとりながら暑い季節を乗り越えましょう。外出の際は冷却グッズを持ち歩くと安心です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

❥More Press > 健康 > 正しい知識でしっかり予防!熱中症対策について