夏のお出かけには欠かせない紫外線対策について

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

紫外線が危険とは知っているけれど、何がどうして危険なの?

紫外線は、日焼けによる痛みやシミだけではない、老化の原因!曇っていても、室内や車内でも、紫外線は私たちの身体に届いています。一年を通して油断せず、きちんとした対策をとることが大切です。

 

“紫外線って何?

紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。波長の長さによって、A紫外線、B紫外線、C紫外線に分けられています。C紫外線とB紫外線の一部はオゾン層などの大気層が防いでくれており、地上まで届くことはありません。つまり、私たちが浴びているのは、A紫外線とB紫外線の一部、ということになります。
紫外線を大量に浴びることで細胞が傷つき、日焼けやシミ、ソバカスやシワだけでなく、皮膚がんや白内障の原因にもなってしまいます。

 

A紫外線(UV-A)

雲や窓ガラスを通り越して、肌の奥、真皮にまで到達し、肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維を破壊します。
そのため、シワやたるみの原因にもなります。
日焼け止めで見かけるPAは、これを防ぐ効果を示す目安です。

 

B紫外線(UV-B)

屋外での日焼けの主な原因となります。表皮の最下層である基底層にまで達し、表皮細胞の生産に悪影響が起きます。浴びすぎると肌が赤く炎症し、皮膚の免疫力も衰えます。
レジャー紫外線とも呼ばれ、シミ以外に、そばかすや乾燥の原因にもなります。
日焼け止めで見かけるSPFは、これを防ぐ効果を示す目安です。

 

紫外線量のピークは5月と言われていますが、A、B共に、天気に関わらず一年中降り注いでいます。
では、具体的にどんな対策をすればよいのでしょうか。

 

日焼け対策に効果的なアイテムとは?

帽子やサンバイザー

日焼け対策といえば、真っ先に思いつくのは日焼け止めです。
その他にも、日傘、サングラス、帽子やサンバイザー、アームカバーやストールなど、近年UVカットの商品が数多く販売されています。
また、窓ガラスを通す紫外線への対策として、UVカットのカーテンやUVカットフィルム、UVカットスプレーなどもありますので、併せて使用してみるとさらに効果的です。

 

日焼け対策におススメの栄養素

 

・ビタミンC

シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑え、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する。

 

・ビタミンE

抗酸化作用があり、肌の老化を食い止める。

 

・ビタミンA

抗酸化作用の他、コラーゲンの生成を促進させる働きも持つ。

 

 

もう怖くない!紫外線には外側からと内側から、ダブルで対策を!

アメリカやオーストラリアなど、紫外線による悪影響を早くから認識し対策を徹底している国に比べ、日本はまだまだ「日焼け=健康的」といったイメージすらあります。正しい知識を元に、赤ちゃんの頃からしっかり対策しましょう。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

❥More Press > 美容 > 夏のお出かけには欠かせない紫外線対策について