夏バテしない体を作るには!夏バテ防止対策5つのポイント

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年の夏こそ夏バテせずに過ごしたいなら、ここがポイント!

最近の夏は昔と比較にならないくらい暑いですよね。すでに日射病という言葉が懐かしいほど。今年の夏こそ夏バテせずに過ごしたい方、すでに夏バテ気味の方も大丈夫!今からでも遅くありません。夏バテしない体作りと夏バテ防止のポイントをしっかりチェックしてみてくださいね。

 

“夏バテとはどんな症状?

実は夏バテは「これが原因!」というようなことや、はっきりとした症状があるものではないのです。主に夏の時期に、疲れ、だるさ、食欲不振、やる気の低下、不眠、熱っぽさ、立ちくらみ、めまい、便秘や下痢などの症状が顕著に出ることを総称して夏バテといいます。

 

夏バテの原因は?

人間は体に溜まる熱を外へ逃がそうという機能があります。主に汗を一緒に体温を調節していますが、夏は冷房がガンガン効いた室内と30度を軽く越える屋内との激しい気温差で、体温調整機能に大きな負荷がかかり、エネルギーを多量に消費します。そのエネルギーを補いにくくなったり、睡眠不足で疲労が溜まると夏バテの症状が出てくるのです。

 

夏バテ防止の5つのポイント

夏バテを防いで元気に夏を過ごすポイントをご紹介します。

 

夏バテ

 

1.冷房を適切に使う

外気温と室温の差は5度を目安にするといいでしょう。ちなみに夏の快適温度は25度前後です。外から室内へ入ったときに「涼しい、ちょっと寒い」と感じるときは冷やし過ぎの可能性が。そんなときは少し温度を上げてみましょう。また湿度を下げると過ごしやすくなります。

 

2.汗を上手にかく

汗を大量にかく時期は、水分を少量づつ飲みましょう。また就寝前にはコップ一杯の水(白湯がおすすめ)を飲むと寝ている間の水分減少を防いでくれます。アルコールは水分を体外に出してしまうのでほどほどに。汗腺を鍛えて汗をかく力をつけるのもおすすめです。

 

3.充分な睡眠時間の確保

疲れが溜まりやすい夏は、上質な睡眠をしっかりとりましょう。冷房を適度に使用することがポイントです。眠る前は軽い運動やストレッチをすると眠りに入りやすくなります。

 

4.バランスの取れた食事

栄養バランスのよい食事を、できるだけ規則正しくとりましょう。特にタンパク質、ビタミン、ミネラル類が不足しないように心がけて。

 

5.ゆっくり湯船につかる

暑いとシャワーだけで済ましがちになりますが、ぜひ湯船にゆっくりとつかりましょう。ややぬるめのお湯に少し長めにはいると体が温まります。”

夏バテの症状を感じたら、早目に対策しましょう!

夏バテそのものは、日常生活が送れないほど深刻な症状になることはありませんが、やる気が出ない、体がだるいなどの症状がみられたら早目にライフスタイルをチェック。元気に夏を過ごせるように早めに対策を取りましょう!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

❥More Press > 健康 > 夏バテしない体を作るには!夏バテ防止対策5つのポイント