手軽な酵素摂取に適したグリーンスムージーとは

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

グリーンスムージーは手軽に酵素摂取が出来ます。

野菜や発酵食を積極的に食べることで、健康に有用な酵素を摂取することができます。
2000年以降に健康の源とも言える存在として広まったもので、体内に約3,000種類以上あると言われています。

 

主な効果としては、消化吸収の促進や、吸収した栄養を体中に届ける作用、活性酸素・有害物質の除去などが挙げられます。
さらには自然治癒力を高める効能もあり、年をとってから病気になりにくい体を作るためにも役立ちます。

しかし、野菜は1日300グラム摂取することが目標とされており、継続的に食べ続けるのは容易ではありません。

野菜

さらに酵素は熱に弱い性質を持つため、生野菜でこの食事量を維持しなければならないと言う面も、続けにくい理由の一つです。
その点、発酵食品であれば比較的少量の食事でも酵素を多く摂りやすいと言ったメリットがあります。

とは言え、クセを持つものが少なくないため、こちらもまた、食事のみで補い続けることは難しいと言えます。

 

そこで注目を集めているのが、グリーンスムージーです。

海外のセレブがこれを使用してダイエットに成功したことをきっかけに、人気が広まった健康食です。

グリーンスムージーは、緑色をした生野菜と、フルーツ、そして水を混ぜ合わせた健康ドリンクです。
酵素が豊富に残された生野菜をそのままペーストにしているので、ドリンクと言う飲みやすい形状でありながらも、美容や健康に期待を持つことができます。

主な食材としては、小松菜・アボガド・シソ・クレソンなどが代表的で、果物では、キウイ・パイナップル・バナナ・メロンと言ったものが挙げられます。

 

スムージーの形状であっても野菜が苦手で摂りにくいといった場合には、サプリメントや酵素食品がおすすめです。
これらは食材に含まれる酵素を健康のために凝縮した状態であるため、少ない食事量で効率的に摂ることができます。

 

もちろん、こればかりを摂取していても、栄養バランスは乱れる可能性があります。
一定量の野菜も摂りながら、利用するようにしましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

❥More Press > ダイエット > 手軽な酵素摂取に適したグリーンスムージーとは